関東学院高校のその他の特徴について

関東学院高校のその他の特徴について

さて、ここまでキリスト教育についてご紹介してきました。
しかし、関東学院高校の素晴らしいところはその熱心な教育だけではもちろんありません。
その素晴らしい校舎や設備についてもご紹介したいと思います。
関東学院高校の旧本館は、1929年にアメリカ人の著名な建築家によって設計、建設されました。
現在、その歴史ある旧本館は横浜市の認定歴史的建造物に認定されています。
重厚で繊細なその建物は、一見の価値があると思います。
つい見とれてしまうような歴史を積み重ねた美しさがあり、私もよく見とれていたことがあります。
建物の素晴らしさだけではなく、設備面でも言えます。
関東学院高校の敷地はとても広く、教室の棟以外にも、体育館や各部室が入っている棟、美術室や音楽室が入っている芸術棟など、さまざまな棟があるのです。
あまりに広く、棟や教室が多いため、私も入学当時はよく迷ってしまったことを覚えています。
関東学院高校にはまだまだ素晴らしいところがあるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

キリスト教育が最大の特徴である関東学院高校

キリスト教育が最大の特徴である関東学院高校

関東学院高校の特徴と言えばまずこれではないでしょうか。
それは、ミッション系スクールであるということです。
これはかなり有名な話なので、知っている人も多いのではないでしょうか。
初代の校長先生はアメリカ人の方で、設立からずっとキリスト教育をおこなう基盤となりました。
学校の敷地内には、教会はもちろんのこと、礼拝堂もありますし、テレビなどで見たことがあるような大きなパイプオルガンもあります。
関東学院高校では、キリスト教育としてこの礼拝堂で週に2回程度の礼拝がおこなわれています。
その他にもキリスト教に関連した季節ごとのイベントがあったり、私が在学していた時は、牧師さんのお話を伺ったり、聖書の勉強をする時間もありましたし、クリスマスにおこなわれたキャンドルサービスはとても美しかったことを今でも覚えています。
このように関東学院高校では、キリスト教の教えや行事、習慣などを学校生活やカリキュラムの中に取り入れているのです。

関東学院高校OGが教えるその素晴らしさ

関東学院高校OGが教えるその素晴らしさ

私は関東学院高校出身です。
実はそのことがちょっと誇りでもあるのです。
なぜならば、関東学院高校は素晴らしい学校でしたし、今もそうであるからです。
関東学院高校について、耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
関東地域にお住まいの方であれば、学校名を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。
しかし、学校名は聞いたことがあっても、実際はどんな学校なのかということまでは、自分やお子さんが受験にチャレンジしたとか、実際に通っていたということがない限り調べないと思います。
学校愛が強すぎると言われてしまうかもしれませんが、それくらいよい学校なのです。
関東学院高校の魅力を知っていますか
設立は1884年と明治にまでさかのぼる、歴史と伝統のある我が母校、関東学院高校について、卒業生である私がその魅力をお伝えしたいと思います。
これから高校受験をお考えの方、お子さんが受験を考える年齢になってきたという方、ぜひ読んでいただければ幸いです。

将来、村上豊彦は猫と生活します

将来、村上豊彦は猫と生活します

子猫を保護した後、村上豊彦は猫のことについて調べまくりました。
インターネットや役所、ペットショップなどなど。
でも、わかったのは、昔のように保健所へという簡単な話ではなく、保護した猫の里親探しを自分でしなければいけないということでした。
そうはいっても、まだ自分で食事を食べるまでにもなっていないため、一時的に実家でこの子猫を育てることにしました。
保護した時には小さかった子猫ですが、食欲があり、日々成長していきました。
そして、保護して2週間ほど経った時、たまたま猫を救う会の存在を知ることになります。
さっそく問い合わせてみると、猫の譲渡会があるので参加させることができるとのこと。
正直、助かりましたー。
子猫なので、頻繁に食事を与えないといけないし、初めての猫のお世話で少々疲れていました。
で、1週間後に開催された譲渡会で里親が見つかり、さらに1週間後、子猫は我が家を去ることになったのですが、さすがに1ヶ月以上、一緒にいた子だったので愛着が湧いていました。
今は無理だけど、将来は猫との生活もありだなと思った村上豊彦でした。

猫への村上豊彦の思いの変化

猫への村上豊彦の思いの変化

雨降る朝、村上豊彦は庭先に放置された黒猫をどうするか考えていました。
約2日間、鳴きつづけた子猫。
雨の中でびしょぬれであろうし、寒くて凍えているであろう・・・。
親猫が連れて行く様子もないので、捨てられてしまったのだろうと思うものの、我が家では飼ってあげることができません。
でも、鳴き叫ぶ子猫をほっておくことはできませんでした。
保護してから、どうするかを考えようと思いました。
黒猫なので、声をする方に行ってみても、なかなか見つかりません。
草を慎重にかきわけながら探すこと5分。
やっと見つけて保護した子猫を持ち上げた時、その軽さに驚きました。
185グラム。
それが子猫の体重でした。
調べてみると、生後2か月にしては、あまりにも少ない重さでした。
それでも、とりあえず家にあった牛乳を温め与えてみると元気に飲み、その後、買ってきたキャットフードも勢いよく食べ、一安心しました。
猫もかわいいなと思った瞬間です。
でも、村上豊彦、これからどうするか考えなくてはなりません。

村上豊彦、猫に目覚める

村上豊彦、猫に目覚める

村上豊彦、大学生。
ひょんなことから、犬好きが猫好きになりました。
さかのぼること3か月前、実家の敷地内の草刈りをしていると、黒猫の親子を発見!まだ産まれたばかりであろう子猫が数匹、ニャーニャーと鳴きながら母猫と一緒にいました。
我が家は犬好き家族で、猫には残念ながら興味がなく、どうしたものかと思ったものです。
でも、さすが子猫を追い出すわけにもいかず、草刈りを中断して、ほっておくことにしました。
いずれいなくなるだろうと思い。
その後、猫の鳴き声もしなくなり、すっかり忘れていました。
ですが・・・2か月前、庭の方でまたもや子猫の鳴き声が聞こえてきました。
で、声のする方に行ってみると、小さな黒猫が一匹、草の中でうずくまっていました。
でもこの時も、きっと後で親猫が連れて行くのだろうと、またもやそのまま放置しました。
しかし、翌朝もひたすら鳴く子猫の声が聞こえます。
遊びたい欲を我慢しつつ勉強する村上豊彦
しかも、昨晩からずっと雨が降っており、その朝も冷たい雨が降り続けていました。
村上豊彦、困りました・・・。

釈尊の教えの興隆に努める念仏宗

釈尊の教えの興隆に努める念仏宗

念仏宗の原点である仏教が大陸より日本に伝搬してから、もう1000年以上の時が流れていますが、やはりそうして長い時が流れれば良い側面と悪い側面が出てきてしまうものです。
例えば良い側面としては、仏教が私達の生活の見えない部分にまで浸透したことで、私達の生活にゆとりや心の豊かさを与えたことが挙げられると思います。
しかし悪い側面としては、仏教があまりに広く浅く伝わり過ぎたため、その本当の教えが正しく伝わっていないということが挙げられると思います。
しかし念仏宗は、そうした仏教の教えが正しく伝わっていない現状を正すために、釈尊の教えの興隆に努めています。
また、数多くの仏教施設が観光施設と化し、聖地としての役割を果たせていない現状を打開するため、仏教徒の心の拠り所となる御堂「佛教之王堂」を建立しました。
念仏宗は、現代の末法世界に仏教を興隆させるため、上記に挙げたような実践的な活動を続けることで釈尊の教えを現代の世に伝え続けています。

念仏宗は人間が真の幸福を得る手助けをしてくれる

念仏宗は人間が真の幸福を得る手助けをしてくれる

今の日本において、どれだけの人が日々を幸せに過ごせているでしょうか。
もちろん毎日が充実して、仕事に私生活に人間関係に満足して生活している方も多くいらっしゃることでしょう。
しかし中には辛い毎日を過ごし、幸福を感じることなく日々を過ごしている方もいらっしゃるかもしれません。
私は、そんな人にこそ宗教が役に立つと思います。
念仏宗も、そうした辛い日々を過ごしている人々に真の安らぎを与えるため、仏教の布教に努めています。
人間が真の幸福を得るためには、真の安心を得ることが必要です。
仏教では、そうした真の安心を得ることを大涅槃に至ると表現します。
大涅槃に至ることができれば、日々の苦しみから完全に開放されることができる。
念仏宗は、そうした釈尊の教えを正しく伝えることにより、人間が真の幸福を得るための手助けをしてくれます。
私は念仏宗についていろいろと知る過程で、こうした過去の叡智を今に伝えることの重要性を改めて感じました。

仏教の一宗派、念仏宗

仏教の一宗派、念仏宗

日本は無宗教とは言われていますが、完全に無宗教というわけではなく、私達の生活に宗教はとても密接に関わっています。
その中でも特に皆さんの生活に密接に関わっているのはやはり仏教ではないでしょうか。
例えばお葬式の時などは、日本のほぼ全ての家庭が仏教式でお葬式を行うと思います。
ただ、ひとえに仏教と言っても様々な宗派があります。
そのいろいろある宗派のうち、皆さんは念仏宗というものがあるのをご存知でしょうか。
実は私も最近知ったばかりなのですが、念仏宗というのは、仏教を開いた釈尊の教えを正しく伝える由緒正しき仏教の一宗派です。
私は始めにこの宗教について聞いた時、どのような宗教なのかすごく興味が湧きました。
解脱のための念仏宗
なぜかというと、無宗教だと思っていた日本において、念仏宗が多くの仏教徒たちの心の拠り所になっていたからです。
そうした心の拠り所として存在するために、念仏宗がどのように仏教を伝えているのかとても興味が湧いたのです。

極太のオオクワガタを入手したい

極太のオオクワガタを入手したい

昔は近所の公園や森に行くと、オオクワガタを気軽に発見できたと思います。
中には極太のものもいたので、入手することは簡単だったでしょう。
ですが近年は自然が減っているので、野生のオオクワガタを見かける機会が少なくなりました。
入手したいと思っている場合は、お店から購入した方が手っ取り早く済むと思います。
それでは費用が必要になるので、野生の方が良いと考える人も多いでしょう。
確かに野生で見つけることができた場合は、無料で入手できます。
しかし見つけるまでにかなり長い時間がかかることが考えられますし、ようやく見つかったとしても、サイズが小さいことが多いです。
それでは自分の納得する結果にはならないでしょう。
少し費用が必要になっても、きちんとお店に行って購入した方が確実に入手できますし、さらに大きさも納得できると思います。
たくさんのお店でオオクワガタを扱っているので、極太のサイズを扱うお店を見つけると良いでしょう。

ご褒美にオオクワガタの極太の個体を選ぶ

昆虫が好きな人は、それを購入することをご褒美にすれば仕事に対するモチベーションが向上します。
特に極太のオオクワガタは、喉から手が出るほど欲しいものではないでしょうか。
昔から昆虫が好きだったと言う場合は、子供の頃からの夢でもあったはずです。
子供の頃はお小遣いが足りなかったので、購入することが難しいでしょうが、大人になってお金を稼いでいる今なら、それほど困らずに購入できると思います。
購入した後は、辛い仕事が立て続けに訪れても、自宅に帰れば大好きなオオクワガタが待っていると思えば、どんどんやる気が湧いてくるでしょう。
疲れて帰宅しても、その姿を確認すれば癒されるはずです。
ストレス解消にも貢献してくれるので、購入するか迷っている人は、思い切って購入するのがおすすめです。
何も無い時に購入するのは少し抵抗を感じるでしょうから、ご褒美など理由を付けると、極太のオオクワガタを購入しようと言う気分になれると思います。

ネットで極太のオオクワガタを探す

近所に昆虫を扱っているお店が見つからない場合は、インターネット上にあるサイトでオオクワガタを購入する方法があります。
それなら極太のサイズも簡単に見つかるので、気軽に購入できると思います。
その際は飼育用品も一緒に購入しましょう。
まとめて購入すれば、料金が安くなるサービスを行っているお店が多いので、その場合は利用した方がお得になります。
オオクワガタの具体的な種類によって、金額が変化することが多いです。
それに極太のサイズを選択すると、さらに高額になって気軽に購入できなくなる可能性があります。
ですが飼育用品もまとめて購入して、費用が安くなれば金額の高い個体でも購入できるでしょう。
せっかく購入するのですから、妥協してはいけません。
入手の難しい極太オオクワガタがお買い得
本当に欲しい個体を入手できるように、工夫することが大事です。
予算が少なくても極太のオオクワガタを購入できる可能性は残っているので、お得なサービスを提供しているお店を見つけて利用しましょう。