賃貸オフィスは創業期の会社の味方

賃貸オフィスは創業期の会社の味方

会社を経営する人にとってオフィスの有無はとても重要です。
仕事をする場所として、またクライアントと対応する場所として、そして、実態のある会社として信用度を高めるものとして、オフィスは力を発揮します。
しかし、起業してすぐの創業期など、資金が豊富にない時期ですと初めからオフィスを買ったり、自社ビルをもったりすることは、かなりのリスクです。
初期費用はかかりますし、おそらくローンも発生するでしょう。
またビジネスの状態によったら場所を変える方がよくなることもあるでしょう。
そう言った意味で、オフィスや自社ビルを買ってしまうことは初期の経営者にはリスクが大きいと言えます。
賃貸オフィスはそういった問題点を解決してくれます。
オフィスを構えることで得られる会社の信用力は双方ありますが、賃貸オフィスの場合、まとまったお金は少なく済みますし、例えば大阪から京都や東京など、その時の状況に応じて拠点を移すのも容易です。

自社ビルと賃貸オフィスを比較

会社を経営する際に選択が必要になるのが、いつでも利用できるオフィス。
買うのか借りるのか。
双方のメリットとデメリットを比較してみましょう。
賃貸オフィスのメリットは、建設費がかからないので初期投資費用がはるかに少なく済みます。
これから!
という会社にはもってこいですね。
また自社ビルを持つと場所に縛られますが、賃貸オフィスは移転しやすいです。
今後の見通し、事業展開を考えて別の場所に移ることができます。
自社ビルでは持ってしまっている以上、そう容易に移転はできません。
一方デメリットは長期に及ぶとトータルの支出が大きくなることです。
これは持ち家にするか賃貸にするかという事と同じですね。
賃貸オフィスの条件を決める
ローンはいつかは終わりますが、家賃は借りる限り支払いが発生します。
その他、賃貸オフィスは使用の際、オーナーの意向に添う必要があり、新たな事業展開を考えオフィスの内装を変えたり、何か機材を入れたいと思っても、できなくなる可能性もでてきます。