一生モノのCM制作を

一生モノのCM制作を

CMは、番組の放送時間の長さによって秒数が決められているそうだ。
現在は15秒、30秒のCMが多い。
しかし、そんな僅かな時間でも、ついつい見入ってしまうのはなぜだろう?
もう数十年も前のことだが、あるシャンプーのCMが未だに忘れられない。
サラサラのロングヘアーの女性の後ろ姿が映し出され、こちらを向いて立っているのは、当時の人気俳優。
その俳優が一言、「乱しても、いいのか?」とつぶやくという、しごく単純なものなのだが、その決めゼリフのかっこよさと言ったら!
当然、そのシャンプーはバカ売れし、私が当時入っていたサークルの女子の間でも、シャンプーを変えた子も多かった。
このように、CMは爆発的ヒットに直結する。
印象的な一言、印象的な場面、印象的な歌詞の一部さえあれば、消費者は飛びつくのだ。
CM制作をする人たちが、その商品のヒットだけでなく、見ている視聴者の心に残るようなCM制作を心掛けていただけると幸いである。