転職活動中の使える英文メール

転職活動中の使える英文メール

転職する際に問われるのが多くなってきた英語力。
外資系企業だけに関わらず、日系企業でも公用語を英語にするといった取り組みが見られます。
面接時でのスピーキングも重要ですが、押さえておかなければならないのがライティングです。
現在では書類審査の結果や面接日時のアポイントなどをメールでやりとりする企業が少なくありません。
会話は問題ないけれど英文を作るのは苦手という方は意外と多いのではないでしょうか。
ハウツー本やネットで検索したけれど自分が必要としている英文がない、この箇所の言い回しをもう少し工夫したいという方もいらっしゃるでしょう。
そこで頼るべきなのはネィティブ講師に添削をしてもらうということです。
そうすれば自分が使いたい英文メールを的確に教えて貰えますし、時間の節約にもなります。
転職というのは今後の自分の人生を大きく変える重要な出来事ですので、お金を払ってでも確実な英文力を身につけたいところですね。

初心者でも可能な英文メール

英語を習い始めた方の中には、勉強の一環として英文で日記をつけたり、外国人の友人とメールでやり取りをするという機会を設けている方もいると思います。
でもいざ書こうとするとなかなか進まない、あっているのか分からなくて、不安ということはないでしょうか。
ちなみに私もこれにあたります。
例えばメールでHello!と打ち始めて、日常の出来事を書こうと思っても英文に自信がないので、不安になってしまう。
辞書やネット、本などで調べてみても自分が書きたい英文が見つからず、ついには時間がかかりすぎて「やっぱりやめた。
」となったことが何度もありました。
でも今は自信を持って文章をつくることができます。

それはネイティブの講師に添削してもらうという方法に出会ったからです。
これであれば自身の書きたいことが即教えてもらえますし、講師の方とコミュニケーションも取れるので、英語力アップにも繋がりました。
色々調べて遠回りをしながら学ぶ方法も間違ってはいませんが、スピード社会といわれる昨今ですので、こういった方法で英語を身につけるのもおススメです。