子どもは天使のはねランドセルに満足しているのか

子どもは天使のはねランドセルに満足しているのか

ランドセルの評判って、どちらかというと子供より、ご両親の声を反映しています。
でも、それは仕方がないのです。
口コミを書くにしても、評価するにしても、一定の年齢以上でなければ難しい。
ランドセルを買ったばかりの子どもって、まだ5歳や6歳です。
卒業する時でもやっと12歳。
まとまった文章が書ける子もいますが、それでも「天使のはねについてどう思う?」と聞いても、「よかった!」くらいの返事しか来ないのではないでしょうか。
ただ、それは天使のはねが目立ったトラブルを起こしていないということの裏返しでもあります。
あくまで、小学校時代の主人公は子供自身。
ランドセルはあくまで、それをサポートするツールです。
縁の下の力持ちとして、子ども時代を大過なく過ごさせることが、ランドセルの役割だと思います。
ただ、それを実現するのは大変で、「背負いやすさ」「頑丈さ」「機能性」「サポート」など、いろいろな要求を満たす必要があります。
それをクリアするために、天使のはねは大変な思いをして、今のデザインを作り上げたのです。