さまざまな刺青除去のやり方

さまざまな刺青除去のやり方

レーザー治療以外にも刺青除去の方法は、いくつかあります。
まず、切除法という方法です。
切除法は、刺青部分の皮膚を切り取り、周囲の皮膚を縫い縮める方法です。
一見、王道のやり方のように見えますが、周囲の皮膚は伸縮性がありません。
うまく伸びないので、激痛が伴い、赤黒い傷跡が残ったり、後遺症が起きてしまいます。
小さい部位ならばこの方法ですぐ刺青除去が可能なので、医師に相談してみましょう。
次に、植皮法があります。
これは、刺青部分を切り取り、太ももなどの別の部位から皮膚を移植する方法です。
こちらは後遺症が残らないですが、違う部位の皮膚は相当目立ちます。
メッシュ状にして、目立たせないなどの方法があります。
最後に、削皮法です。
これは、刺青部分を直接削る方法です。
患部の経過に合わせて手術が可能ですが、難しい手術なので医師選びが大切になります。
リスクのある削皮法ですが、腕の良い医師に出会えれば刺青除去もきれいに行ってくれます。