新宿での賃貸オフィスの探し方

新宿での賃貸オフィスの探し方

新宿で賃貸オフィスを探すには、予算とエリアから絞り込んで検索するところから始めましょう。
特に物件に毎月支払える予算は、固定費として常に負担になるものなので、できる限りおさえたいモノ。
予算的に見合わない場合は、エリアを拡大するか、オフィスが入っている建物の築年数を引き上げるといった工夫が必要になります。
オフィスの広さの変更も検討できればしたいところ。
日本でも有数のオフィス街である新宿なので、賃貸オフィスはかなり多くあります。
検索できる条件も非常に多くなってきているので、広めの検索から徐々に条件を付け加えて予算に見合った賃貸オフィスを見つけましょう。
オフィスを見つけたら、内見。
特に新宿で数多くの物件を見るのであれば、内見は必ず行いましょう。
物件情報では見えない発見が必ずあります。
内見の際には、必ず10m程度のメジャーを持っていくことも忘れずに。
使おうとしている机や椅子、棚をどの位置に配置するかのイメージをある程度明確にするためにも、メジャーで測りつつ、オフィスのイメージを明確にしましょう。

賃貸オフィスを新宿で検討する前に

日本有数のオフィス街である新宿で賃貸オフィスを利用するには、ある程度予算の確保が必要ですよね。
エリアや広さにもよりますが、特にオフィスが密集している西新宿では20?30坪の広さの物件で坪単価1万5000円弱。
1ヶ月の賃貸オフィスの家賃では、およそ30万円?45万円となります。
100?200坪の坪単価は3万円、賃貸料金は月300万円となり、コスト面での負担はさらに大きくなるもの。
また、ビルなどの建物では、フロアが上に行くほど金額も高くなっていく傾向があるので、注意しましょう。
賃貸オフィスの家賃は、毎月必ず来る固定のコスト。
予算として確保するだけでなく、継続的に担保できる範囲での賃貸オフィスになるようにしてください。

地下鉄を含め、交通のアクセスはしやすい新宿では、駅から徒歩20分でもかなりのオフィスがあり、各エリアでも家賃価格に開きがあります。
新しくオフィスを検討する際には、まず予算との都合から考え始めましょう。