日本における障子紙の歴史

日本における障子紙の歴史

平安時代から、障子は日本人の生活と共にありました。
障子といえば、一般的には「明かり障子」のことを言います。
障子が誕生する前までは、室外との隔ては壁と蔀戸と舞良戸が主で、開放すると雨風を防ぐことができず、非常に不便でした。
採光と隔ての機能としては、簾や格子などが使われていましたが、冬の寒さは軽減されづらかったようです。
採光のために、室内では屏風を置き、几帳で囲み火鉢を設置しました。
平安時代末期になり障子紙を障子に貼ることで明るさがもたらされると、襖とは別の「明かり障子」としての地位を得ました。
襖の誕生から約一世紀後のことと言われます。
室町時代になると、書院造に使用される下部を板張りにした腰付障子が誕生し、桃山時代には数寄屋造りに合わせて腰の低い障子が誕生しました。
そして、江戸時代になると組子に工夫をこらした多様な障子が作られました。
このように、それぞれの時代の建物に合わせて、障子は変化を遂げていきました。
現代ではガラスやカーテンの普及により、障子紙の使用は減ったものの、ガラス併用の障子なども作られています。
今、障子の伝統的なよさを改めて見直すことで、生活もより快適になっていくのかもしれません。