障子紙の特徴

障子紙の特徴

日本家屋の特徴の一つに障子があります。
障子紙は光の透過率が40〜50%で、明るさと温かさを残しながら、直射日光を適度に遮りUVカットの役割も果たしています。
障子を通した光は各方向に散乱して、どこから見ても均一に美しく明るく見え、室内を均等に柔らかい明るさで包み込みます。
現代日本の住宅は断熱ガラスが使用されていることが多いですが、一重ガラス窓の場合、約40%の熱が失われてしまいます。
しかし、ガラスと障子で二重にすることで、その熱損失は約半分ほどに減少することができます。
また、障子紙には直射日光を遮る機能があるので、日射による冷房効果の低減を防げます。
また、冬は冷たい外気によって冷やされた窓やコンクリートの壁で、室内にいても寒気を感じることがありますが、ガラスと障子の二重建具にすることで軽減できます。
障子紙にはフィルター効果もあるので、自然な形で換気と空気清浄化ができます。
紙を通した柔らかい光は、忙しい現代日本人にとってリラックス効果もあります。
このように障子紙にはメリットがたくさんあります。

自分でできる障子紙の貼り換え方

障子紙の貼り換えには、まず次の道具を用意します。
障子のり・専用はがし剤・障子用両面テープ・専用カッター・専用カット定規・スポンジ・はがし用へら。
障子紙は温度変化で伸縮を繰り返します。
たるみを防ぐため、20℃以上の室内で貼り換えます。
障子の桟にはがし剤を塗って、古い紙をはがしやすくします。
全体をはがした後、スポンジ等で残り部分の紙をぬぐいます。
そして、障子を平らなところに置き、桟の状態を確認します。
上桟にテープで手前一か所を固定し、障子紙を障子の1/3〜2/3くらい広げます。
全ての縦方向の桟に、両面テープを指で押さえて貼ります。
これを全て貼り終えたら、次はテープの裏面をはがし、今度は横方向の桟に専用の両面テープを貼りましょう。
横方向のテープの裏紙を上桟からはがして、ぴんと平面に張りながら紙を丁寧に転がし、一段ずつ注意して貼っていきます。
貼り終えたら、中心から周囲に向かって桟全体を指で押さえます。
障子紙は素材によって明るさが変わる
専用の定規を使って、桟の余分な部分をカットします。
余分な障子紙、のりやテープを取って完成です!