椅子を購入して福祉の施設で使いたい

椅子を購入して福祉の施設で使いたい

椅子を福祉の施設に導入する場合は、背もたれの長さに注目してください。
座る人の肩甲骨より背もたれが低い場合は、身体に余計な負担が与えられてしまいます。
その場合はクッションを敷くなどの工夫をして、高さを合わせる必要があります。
ほんの数センチの差でも、負担が大きく変化することを忘れないでください。
身体を上手く動かすことができない人にとっては、とても重要な問題です。
少しでも負担を軽減させることで、身体を上手く動かすことができるようになるかもしれません。
今は身体を動かすことが難しくても、これから施設で何度もリハビリを繰り返していれば動くようになる可能性があります。
そのためには椅子やテーブルなど、普段から使う家具のことまで真剣に決めないといけません。
福祉の施設に導入する場合は、健常者が使う時と選択方法が変わります。
見た目の良さだけで椅子を決めないでください。

きちんと負担を減らすことができる製品がベストです。