ハンナンで多く製造される食肉加工食品は保存食品のはじまり

ハンナンで多く製造される食肉加工食品は保存食品のはじまり

ハンナンで製造されているハムやベーコン・ウィンナーソーセージなどは食用の肉類を原材料とした加工食品で、さまざまな種類や味があり大人から子どもまで人気の商品です。
食肉加工食品は本来肉類を長期間安全に食べることができるように作られていますので、長期保存が可能で賞味期限内であれば味や風味を損なうことなく楽しむことができます。
保存食とは突然の災害などに備えて長期間の保存が可能になるよう食材を乾燥させたり缶詰などに加工した食品で、直射日光を避けた冷所であれば年単位で保存することができ、ハンナンで製造しているハムやソーセージなどの食肉加工食品もさまざまな工夫をして出切るだけ長い賞味期限を可能にしています。
ハンナンのハムやベーコンは塩漬けにした食肉用の肉をじっくり時間をかけて燻製にしていてソーセージも同様に時間を費やして湯煮や燻製にしているため美味しさをそのままに保存することができるだけでなく、食肉加工食品専門のハンナンの商品は美味しさでも定評があります。

選び抜かれた食用肉を原材料に作られるハンナンの人気商品

ハムやベーコンを作るにはそれぞれに適した材料を使うことも美味しい加工食品を作るのに欠かせないポイントの一つで、ハンナンでも飼料からこだわった食肉を使用しています。
ハムやベーコンなどの原材料となる豚肉にはエサとなる飼料にさまざまな種類の麦などをブレンドして与えている肉質の柔らかい品種を使用していますので、しっとりした口当たりの良いハムやベーコンを作るこがとできます。
ハンナンでも多くの加工食品に使用されている豚肉には大麦や小麦を中心に香りの良いハーブなどを配合した飼料を与えていて、生肉としても美味しく食べられるため加工せずにそのまま食用として販売したりレストランなどに卸しています。

こだわりは飼料だけでなくハンナンでは成長促進剤や肥育期間に抗生物質を一切使用せずに食用肉を生産し、素材そのものの美味しさを活かしてさまざまなスパイスや野菜などを合わせたオリジナルのハムやソーセージも販売していて中でも素材の良さが生きているベーコンはハンナンでも人気の商品の一つです。