宇宙開発にも貢献するキャリムエンジニアリング

宇宙開発にも貢献するキャリムエンジニアリング

キャリムエンジニアリングには航空・宇宙関連輸送事業の部署があり、人工衛星の輸送までも手掛けております。
人口衛星はハイテク機器の結晶のようなものであり、それを工場から種子島などの宇宙開発センターまで輸送しなければなりません。
そこで生きてくるのが半導体や液晶などの超精密機器の輸送に実績のあるキャリムエンジニアリングのノウハウや技術です。
韓国で製造された人工衛星は、自社所有の大型特殊船舶によって種子島の宇宙開発センターへ輸送されました。
従来の超精密機器の輸送以上に、人工衛星の輸送には細心の注意が払われました。
全国の宇宙研究開発法人へ様々なハイテク機器を輸送して失敗がないのは、キャリムエンジニアリングのハイテク輸送技術の賜物ではないでしょうか。
宇宙開発というと派手に人工衛星やロケットが打ち上げられているシーンが目に浮かびますが、その裏には高い技術で下から支えている裏方の会社があります。
キャリムエンジニアリングの宇宙開発への貢献はとても高いと思います。