超精密機器を海外輸送するキャリムエンジニアリング

超精密機器を海外輸送するキャリムエンジニアリング

かつての超精密機器は日本生産が多く、キャリムエンジニアリングも国内輸送が中心でした。
しかし、半導体や液晶をはじめとする超精密機器も現在は外国生産が主流になっております。
キャリムエンジニアリングも海外向けの部門がその輸送を行っております。
外航海運事業という部門はトレーラー160台、コンテナ100台を収容できる大型特殊船舶を2台、所有しているそうです。
半導体や液晶などの超精密機器を輸送できる大型特殊船舶は中々ありませんので、自社で所有している事は大きなメリットになります。
定期便と違い、それをプロジェクトに合わせてフレキシブルに運行できるとなると他社は太刀打ちできないのではないでしょうか。
海外輸送事業という部門は、海外に現地法人を設立し、日本と同じように超精密機器を輸送するスキルを現地採用の人たちに訓練します。
これによって日本と同じように海外でも超精密機器を輸送する事ができます。
キャリムエンジニアリングは設備投資によって海外でも日本と同じレベルで超精密機器の輸送ができるようになっております。